ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 昨日からドリームジャンボの発売が開始された。意外と知られていないが、正式なジャンボ宝くじは「ドリーム」「サマー」「年末」の3つだけで、「グリーン」と「オータム」は「ジャンボ」と名を冠しても枚数限定の全国通常宝くじである。
 さて、今回はトラブル続きのロト6。当初のセット球は16回ぶりにしてようやく選ばれたDセットだったが、なんと、抽せん球の検量時に「17」が規定範囲外と判定され、急きょセット球交換という事態になった。そして再選択されたBセットでも、攪拌時に「38」が夢ロト君から飛び出し再検査というトラブルが起こってしまった。
 Bセットは10回ぶり。新球では「18」が本数字未出現で、「06」「21」が最も出ている状況のセット。今回「06」が出たことで、ボーナスを含めるとこのセットで3割近い出現率となった。前回同セットからの連発は「06」「29」「41」と3個もあった。
 気象条件では、自己対比で「11」が合っていた程度で、条件に全く合っていなかったのは「02」「29」。そもそも今回の出目は「06」を除きどの条件でもに出にくい数字が多かった。
 出目全般では、「06」「29」が先週から連発し、先週告げた本数字39回待ちの「03」がボーナスで出たのは惜しかった。是非とも次回は本数字で出てほしい。
 全体的にはワイドなバランス出目になり、1等・2等は先週と同じ当せん口数で、売り上げもほとんど変わらなかった。
 ところで、先のDセットだが、重さが規定範囲外になった「17」の1個だけ交換なのか、それともセット球ごと交換なのか気になるところ。セット球ごと交換だと出目の出方が大きく変化する可能性もある。次回は大阪抽せん会だ。大阪でDセットが使用されたとしても東京セットとは別物なので関係ないが、もしDセットで「17」が出たとしたら、今日の規定範囲外判定はその狼煙だったと言えるかも。