ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 本来なら一年の内で最も寒さの厳しい頃なのに、東京の最高気温は18℃で4月頃の陽気。もしかして、夜になっても13℃以上のままなのかと変な心配はよそに、抽せん時刻には10℃まで下がっていった。この寒暖の激しさで、摘出される出目にはどんな影響を与えるのだろうか。
 今回のセット球はDセット。前回使用時には「17」が出て「31」「42」を抑えてトップに躍り出ていた。反対に「16」「41」はまだ1個しか出ていないという状況。前回時で「01」が連発し、今回3連発となるか注目。
 そして抽せんの結果、「17」「18」「38」と3個の数字が同セットで連発し、「17」はトップをひとり旅。また、「01」の3連発はならず、その代わり?の「02」が出現した。
 気象条件的には、低い湿度ではあまり出ない「02」が出たが、本来なら53%〜66%の間で圧倒的に出る数字だ。「02」は雨だとほとんど出なくなるのもまた不思議。今回の条件での完全合致は「35」のみ。「17」は先週からの連発でもあり、引き続き「36」をぶっちぎって冬に出る数字のナンバーワンを確固たるものにした。
 出目全般では、「05」「17」が先週からの連発、「17」「18」の連続が一組、20番台と40番台のない出目、「35」がやや久しぶりの出現といったところ。
 先週、久々に1等「該当なし」のビックキャリーになったためか、今回の売り上げは58億円という人気ぶり。当然、数字の選択肢も増えた結果、5口の億万長者が誕生。キャリーはあっけなく散ってしまった。