ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 サッカーくじ「ビッグ」の偽造当せん券を使い、4億5千万円余りをだまし取ろうとしたとして、京都市の夫婦が大阪府警に逮捕された。サッカーくじをめぐる詐欺事件は全国でも初めてとかで、大阪市の銀行にパソコンで偽造した偽当せん券を持ち込み、鑑定で偽造がバレたという。今回はその大阪でのロト6。
 選択されたセット球は大阪では初となるAセット。東京では既に56回も選ばれている人気ダントツのセットで、東京セットでは「17」「28」がよく出ていて「12」「38」が出にくい傾向にあった。果たして大阪セットはどんな傾向になるのだろうか。全く感覚的だが、今回の出目を東京セットに照らし合わせてみると、出目の出方が東京とは何か違うような感じがした。これは、長年セット球の出目を記録していて感じる「何か違うな」という違和感みたいなもので、これといった論拠はないのを断っておく。
 気象条件は、抽せん時刻の東京が気温10℃、大阪が12℃。気温差2℃でギリの12℃以下のグループだったが、大阪抽せんはようやく8回目と只でさえ少ない上に初のセットでは比べるものも何もない。
 各桁すべて出た出目で1等は5口も出た。売り上げは先週より若干増えたものの、1等1口当たりの配分は6千6百万円にとどまった。
 3年前のサマージャンボでもセロハンテープで偽造した当せん券を使って逮捕された男がいたが、くれぐれもロト6ではそんな愚行がなされぬよう願いたい。