ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 年末ジャンボと聞くと「もう冬だなぁ〜」と実感するが、昨年分の1等(2億円)3本と2等(1億円)8本が、未だに換金されてないという。もしや?と、既に封が切られたクジを手にするも、未換金くじを売った店では買っていない事実を先に知ることに。
 「くっそぉ〜!なんで西銀座チャンスセンターで買わなかったんだぁ〜!」
 さて、売り場とは何の関係もない「数字選択式」のロト6。今回のセット球はEセット。10回待ちで一番期待されての選択だった。「07」「18」「30」「33」がよく出ていて、今回「17」「37」の出目が仲間入りした。また、「06」「16」が前回同セットからの連発だった。
 先週の寒さから比べれば、倍近く暖かい気温の気象条件。もし先週並みの気温であれば、今回の「16」や「37」は出なかったかもしれない。逆に「34」は寒くないと出ない数字だが、湿度と気圧に助けられた感がある。湿度では「06」以外の数字がよく出る側で該当しており、気圧では「06」「17」「34」が同じく該当していた。
 出目全般では、最近続く10回以内に出ていた数字で構成される出目は今回も踏襲。「16」「17」の連続数字が1組で、「17」は先週からの連発だった。近似出目は4個一致が3年前の第283回にあり、「06」「16」「22」「37」が一致していて、当時は1等が出なかった。今回の結果は1等が4口。最近続いていた1回おきのキャリーにはならなかった。
 1ユニットを売り切るような売り場では、必ず1等は1本出るのは当然だ。その分、残りの1ユニット分のハズレ券もあることを肝に銘ずるべきか。