ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 お隣の韓国にも日本と同じようなロト6があり、1等当せん金の最高と最低の差が68倍に達していたというニュースがあったので、上限が4億円と決められている日本では?と調べたところ、なんとその差は220倍もあった。第230回の1等167口、1口181万円という最低金額があるからだ。仮にこの回が異常として取り除くと、第146回の1,394万円が最低になり、その差も28倍まで縮まる。韓国ロト6の最高額は日本円にして31億円なり。
 キャリーも消えて、どんなに頑張っても最高額が2億円のロト6。今回のセット球はHセットで、新球では「13」が9個でトップ、「06」「15」「41」がまだ1個しか出ていない状況。「43」は前回使用時にも出ていて連発した。
 気象条件での出やすい側での完全合致は「20」のみ。「35」も出やすいが、この数字はもっと寒くなってから本領を発揮する。まったく条件に合わなかった「12」はセット球に引っ張られた様子だ。
 出目全般では、「40」が先週からの連発、「20」「43」が1回おきの出現。近似出目は8月の第457回、「10」「12」「43」が一致していた。
 1個目に「43」のカウンターパンチ、2個目も「40」と40番台の連発で1等「該当なし」を予感させたが、その後の低い数字の出目で1口が出た。
 韓国には及ばなくとも次回はキャリーオーバーで節度ある上限4億円。多くの国民の収入が低下する中、夢を叶えるには必要にして充分な額だ。