ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 8月。まだ梅雨が明けていないのではと思わせるような空模様が続く中、前々回の大阪で発生したビッグキャリーは先週の大量当せんであえなく消失。52億円もあった売り上げも今回は40億と12億もダウン。やっぱりキャリーオーバーがないと、このまま秋になってしまいそうだ。
 今回のセット球は I セット。新球では「03」「36」が出ていて「19」がまだ出ていないセットだ。今回の出目では「34」が前回使用時のボーナスで、「42」が今回のボーナスで、また「43」が本数字で共に連発した。ここ1年で I セットは6回選択されている中、特に「43」はよく出ていて、その出現率は66%余りにも達する。また「34」もボーナス出現を含めると出現率は50%だ。
 気象条件では、完全合致が「27」「43」、自己対比での合致が「32」「42」。条件に合っていなかったのが「34」。今回のような高い湿度だと「43」は実によく出るようになったが、逆に中途半端以下だと出にくくなる。晴れているのに78%の湿度だったとは余程の蒸し暑さだった。
 全般としては、「10」が12回ぶり、「34」が10回ぶりの出現。先週の超バランス出目から比べれは大きい数字にシフトした。「32」「34」と2つの低迷数字に「43」の出目もあってか、1等は大阪に続き「該当なし」という結果に。またしてもビックキャリーが発生し、ようやく本格的な夏の到来となった気がする。