ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 大阪で発生したビッグキャリーから早一週間。東京に帰ってきたロト6は爆発的な売り上げとなるか。
 蝉時雨が止んでも蒸し暑さが残る中、今回選択されたセット球は11回ぶりのBセットだった。新球では「06」が8個出ていてトップ、それを「21」が追っている状況。本数字で「18」が未だ出ていないセットだ。今回の出目で「39」が出たことによって「21」に並びトップと1つ差になった。
 気象条件での合致は「39」のみで、低気圧では抜群の出現率を誇っている。ほかは自己対比で「25」が出やすい程度だった。
 出目全般では、「30」が先週の大阪から連発して、かつての旧球の時のような勢いを見せた。「03」とボーナスの「22」がやや久しぶり。第453回で31回ぶりに出た「07」が今度はたったの3回で出てきた。
 全体としては超バランス出目という印象でいかにも選びがちな数字。結果、売り上げはビックキャリーとあって12億円余りも増えたのは喜ばしい限りだが、1等も6口出てしまいあっさりとキャリーを消化。先週の結果と比べると各等級で当せん口数が倍増した。今回と似た出目が第86回にあり、「03」「07」「16」「24」「29」「36」という出目で、この時の1等は14口もあった。