ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 4月。開花宣言から寒い日が続いたせいもあってか、まだつぼみの枝も多く見受けられる。入学式では満開になった花びらが新入生を祝福をしてくれそうだ。
 さて、前回キャリーを失ってしまったロト6。こちらも再キャリーして満開になりたいところ。今回選ばれたセット球は一番人気のAセットで、新球では「17」「28」がよく出て「12」「38」が出にくい状況。今回の出目は2回前のこのセットの出目と同様、1桁台のない出目になった。2回前の同セットでは1組の連続数字があったが、元々このセットは連続数字になりにくく、今回も連続はしなかった。
 気象条件では「11」「14」「20」が出やすい条件で合致。逆に出にくい数字は「27」「28」だった。気温が境界付近だったが、もう少し暖かくなっていれば「32」は出てこなかったかもしれない。
 全般では、「14」「32」が10回以上の久しぶりで、「20」が先週から連発。22回待っていた「15」の出現はなかった。また、今回の最小数字「11」から始まる出目はこれで20回を数えるが、「09」の15回、「10」の19回より多い結果になっている。この結果、1等1口のみで見事キャリーオーバー発生。ロト6満開に新年度はさい先の良いスタートを切れた。