ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 不況に強いと言われてきた宝くじの販売が低迷しているが、今のところロト6は人気好調で、昨年度の売上げは前年より100億円程上回った。発売以来、1兆7千億円余りを売り上げているロト6。今年はキャリーオーバーから始まって好調な滑り出しだ。今年初めて迎える平常時でも50億円を超える売上げを期待するのだが・・・
 さて、今回のセット球は1番人気のAセット。トータルで52回目の選択は群を抜いている。新球本数字では「17」が9回出てトップ、「12」「38」が1回のみという状況。今回の出目ではこのセットでは出やすい「01」が出現、「34」「42」以外は比較的に出る側の数字だった。前回同セットからの連発はボーナスの「21」。
 気象条件では、「34」が出ている数字を基準にすると条件合致。他の数字は一部の条件で合っているのみ。最近は条件に合わない数字が多く出るようになってきたが、逆の見方をすると、今まで出なかったのだからバランスをとって平均化してきているとも言える。「01」などは寒さに弱く、滅多に出なかったが、今後は寒いからこそ出る数字になるのかもしれない。
 知ってか知らずか、「42」の4連発があると確信した強者が最低でも9人もいたとは驚き。売上げは48億円弱で50億こそ超えなかったが、この不況の中にあっては上出来と言えよう。