ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 師走、片付けねばならぬ事山ほどあれど、ただ慌しく過ぎ行く日々。忙しく思えるのは気の焦りか、そんな中で3回目を数える大阪抽せん会。最初が336回、次が353回、そして今回と、だいたい20回弱に1回の割合で大阪になる計算。
 今回のセット球はJセットだったが、当然大阪では初選択。ちなみに初回はC、前回はBだった。同じJでも東京セットとは物が違い比較にならず、それは気象条件でも同じことだ。
 30番台3個と、季節はずれの緑球が多かった今回の出目で1等は7口、5千万円割れという結果に終わってはオチもなし。
 というわけで先週に引き続き夢の話。前回は中国の宝くじの話題だったが、さらにその先、ヨーロッパのロト、ユーロミリオンズでは現在70億円ものキャリーが発生しているという。機会があったら一口でも買ってみたいものだが、国内にいて海外くじを買うことは法律で禁じられている。ならば、いっそのこと正月休みはのんびりヨーロッパ旅行でもしてミリオンズゲット!といきたいが、そんな話は夢のまた夢。現実はなけなしの3千円を握り締め、「すいません、バラ10枚ください」