ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 前回とは逆に雨から晴れへと変わった第343回。今回のセット球はBセット。結果は大きめの数字に偏ったが、1等3口で今回もキャリーはしなかった。totoBIG騒ぎで売上げ低下が懸念されたが、平常時の43億を確保できたのは、揺るぎのないロト6ファンのおかげだ。
 そのBIG。去年から12回のキャリーの繰り越しで、今週までに繰越金が15億円までに膨れ上がった。当初一億円程度だった売上げも、1等6億円の可能性が出てきた頃から売上は倍増し、先週の売上げはついに10億円に達した。
 まして今週のシステムダウンによる販売停止は、マスコミが一斉に取り上げたことで広く一般に知られることになり、更なる射幸心を煽る状態を作った。
 確かに1/480万で6億円の可能性はおいしいし、これだけキャリーが蓄積されれば、クイックピックゆえ、理論当せん確率で推移すれば、1等が何口か出たとしてもしばらくはキャリーが温存されることになる。
 一方、ロト6は平均3〜4回に1回のキャリー。期待値の低いボーナスはやめて「ロト7」にするのも、ありだ。