ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 前々回に出た1等2億円。これが出たのは埼玉県深谷市にある「花園道の駅チャンスセンター」ん?どこか聞き覚えのある売り場だが...そう、ここはロト7で初の10億円ゲットが出た売り場であった。現在この売り場では他にジャンボの1等2等合わせて「17億円の大当たり」の看板が掲げられてるが、それにロト6の2億円が加算され「19億円の大当たり」に掛け替わるはずだ。

 はぁ、よく当たるねぇ〜。この地域は以前、雑誌で「深谷の黄金のトライアングル」なんて呼ばれたことがあり、この売り場のほか「深谷アリオ」「深谷駅前」「川本ベイシア」のチャンスセンターなど、それぞれが三角形の大当たりを形成しているのだとか。まぁ、当たるから売れ、売れるから当たる、という好循環が生まれてる、なんとも羨ましい環境である。

 さて、とりあえず黄金のトライアングルの一角を築こうではないか。今回のセット球は予想本命のJセットが選択された。第4世代では9回使用され「20」が4回出てトップ。前回のJセット出目は「02」「18」「19」「24」「29」「31」ボ「33」で、このミニロト出目にもかかわらず1等「該当なし」だった。

1個目は「40」・紺
 4回ぶりの出現。セットでは2回目の摘出。
2個目は「08」・べ
 2回ぶり。セット2回目。
3個目は「16」・黄
 3回ぶり。セットでは初摘出だった。
4個目は「04」・紫
 なんと3連発!セット2回目。
5個目は「39」・紫
 7回ぶり。セット初。う〜奇数だったか。
6個目は「14」・緑
 3回ぶり。セット初。今回は20番台が出ず真ん中がポッカリ空いた出目。
ボーナスは「23」・黄
 本数字で31回も待っている。いつ出るの?

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致した出目はなく、今回出ての合致が「04」「08」。この条件での初出現は低湿度での「14」。ただ「14」は第4世代で最も出てない数字だった。

 出目全般では、20番台が出ないのは4回ぶり。40番台も4回ぶりだが、この15回で40番台が出たのは「40」の2回のみだ。「04」が3連発したほか、10回以上のご無沙汰はなかった。また、この出目に4個一致した過去出目はなかったが、この3回いずれも過去出目と4個一致がなく、これだけの回数を開催している中では非常に珍しいことだ。

 前回は超ミニキャリーを消化。通常回に戻った今回の売り上げは前回比5700万円減の13億円台前半。過去2回はミニロト出目だったが、今回は「39」「40」の連続数字でミニロト出目にならず、20番台が出ないことで真ん中が空いた変則出目だ。この結果、1等は「該当なし」になり2億2267万1139円がキャリーオーバー!次回は5億円超のチャンスとなったが、今度こそ今年初の完全6億円チャンスを作ってほしいもの。