ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 これまでミニロト出目が続いてもせいぜい2回どまりだったロト6。それが前回で史上初の4連続ミニロト出目となり、最初は1等が出なかったものの次から連続して1等3口と、やはりミニロト出目らしい1等の出方をした。ただ前回は運よく1等が出ずキャリーオーバー、今回に向け4億円超のビッグチャンスをもたらした。

 「31」以下で終わるミニロト出目は、カレンダーの日付で収まる数字であり、数字を選択する上では記念日がらみで選びがち。従ってその範囲内での買い目が多くなり、実際にミニロト出目になると1等が多く出てしまうのだ。これまでミニロト出目になったのは185回あるが、1等は平均で2.81口と、ミニロト以上の平均2.16口を上回っている。1等「該当なし」率も15.1%と、それ以上の23.6%を大きく下回り、いずれも1等が出やすい状況を物語っている。

 やはりミニロト出目を選んでの的中は避けた方がよさそうだ。さて、今度こそ大きな数字が出るか?今回のセット球は予想本命のFセットが選択された。第4世代では8回使用され「07」「08」「41」が3回出てトップ。前回のFセット出目は「17」「19」「29」「31」「37」「39」ボ「35」で、1等は1口。同セットでは「31」が連発中だ。

1個目は「18」・緑
 前回から連発。セットでは2回目の摘出。
2個目は「19」・べ
 3回ぶりの出現。セットでは連発して2回目。
3個目は「04」・緑
 4回ぶり。これもセット2回目。
4個目は「33」・べ
 19回ぶりのご無沙汰。セット初摘出。
5個目は「28」・赤
 3回ぶり。セット2回目。
6個目は「36」・紫
 12回ぶりのご無沙汰。セット初。今回は大きな数字が出てミニロト出目は免れた。
ボーナスは「09」・紺
 本数字15回待ち。セットでは1回摘出。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致した出目はなく、今回出ての合致が「28」「33」。特に「33」は3条件で一気に合致した。また「18」「36」は低気温で初出現だった。

 出目全般では、今回ようやく「31」より大きい数字が出た。30番台で2個は8回ぶりだ。「18」「19」で連続1組。「18」が連発した一方で「33」「36」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第1278回に1回だけあり、この時は1等「該当なし」だった。

 前回からのキャリーオーバーを受け、売り上げは前回比1億5千万円増の15億円台半ばまで伸びた。さすがにミニロト出目にならなかったが、その代償としてバランス出目になってしまった。この結果、1等が1口出て賞金4億5358万5500円にてキャリー消化。ああ、あと1回キャリーすれば今年初の完全6億円チャンスだったのに。もう少し変則的な出目になってほしかったなぁ。