ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 テレ朝の深夜番組「10万円でできるかな」の宝くじ企画で、ロト6において「100万円を超える高額当せん」を果たしていたことがわかった。テレビの宝くじ企画で100万円以上当せんするのは、実に20年以上の久しぶりなことだとか。まあ、たまたまだったとしても、10万円がその10倍の100万円になったんだからラッキーだったねぇ。

 企画では、今年1月15日の第1243回ロト6で10万円分のロト6(500口)を購入。うち3等の47万5300円が2口、4等9,500円が2口、残りは5等に当せんして、その合計は101万3100円也。その時の出目は「23」「24」「32」「37」「41」「42」ボ「29」という超変則出目にもかかわらず、この中の5個は選んでいたわけだからスゴイことだ。

 ちなみに1等は賞金3億2289万4600円の独り占めだった。よくもこんな出目を選べるもんだなぁ。さて、前回でキャリーを消化してしまったロト6。今回のセット球は予想本命のBセットが選択された。新球(第2)では56回使用され「01」「04」が13回出てトップ。前回のBセット出目は「07」「08」「11」「15」「36」「39」ボ「37」で、1等は2口出ていた。

1個目は「34」・紫
 6回ぶりの出現。セットでは8回目の摘出。
2個目は「33」・紺
 2回ぶり。セット10回目。「34」と連続。
3個目は「18」・青
 15回ぶりのご無沙汰。セット9回目。
4個目は「04」・青
 5回ぶり。セット14回目で単独トップに。
5個目は「31」・緑
 4回ぶり。セット6回目。
6個目は「41」・紫
 9回ぶり。セット5回目。う〜ん、これは変則的な出目になったね。
ボーナスは「09」・べ
 本数字6回待ち。セットでは3回と低迷。

 気象条件は「中気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致した出目はなく、2条件で合致したのが「04」「31」「33」。「04」は気圧で出る出ないがハッキリした数字で、高気圧になるとパッタリ出なくなる数字だ。

 出目全般では、前回は20番台が3個も出ていたが、その反動で今回は1個も出ず、「18」〜「31」まで大きく空いた変則出目になった。前回からの連発はなく「18」が15回ぶりのご無沙汰。また、この出目に4個一致した過去出目が第354回・第441回にあり、いずれも1等は出ていた。

 2週連続で6億円ゲットとお祭り騒ぎだったロト6も、前回キャリー消化で一息つき、売り上げは14億円台後半まで落ちた。変則的な出目に低い売り上げなら1等は出ないと踏んでいたが、結果は1等が1口出て2億円を放出。残った5626万7219円がミニキャリーした。前回のミニロト出目からすれば、全等級が前回の口数を大きく下回り賞金倍増。やっぱ同じ当せんでも変則出目を選んどいた方が、結果お得なんだよな〜。