ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 今年2月から最高賞金が2億円アップの6億円になったロト6。普通のロト6ファンなら、この賞金アップばかりに目が奪われがちだが、それよりも1等賞金の配分を倍増させたことのほうが賞金アップ以上の意味を持つのだ。おかげで通常回に1等1口だけなら必ずキャリーオーバーするようになった。

 配分の変更後、これまで通常回での1等1口は7回あって、当然2億円ゲットのほか平均で3千万円程がキャリーオーバーしている。すると次回は2億円超えの賞金ゲットが可能となり、1口だけなら3億円前後を独り占め、もし出なかったら、次々回は5億円前後のビッグチャンスとなるのだ。

 まあその分、2等以下の賞金が割を食う結果にもなったがね。さて、先週の大阪から東京に帰ってきたロト6。今回のセット球は本命のFセットが選択された。新球(第2)では53回使用され、「27」「29」が12回、「01」「43」が2回の出現。前回のFセット出目は「15」「16」「17」「29」「31」「32」ボ「12」で、1等は2口出ていた。

1個目は「19」・べ
 8回ぶりの出現。セットでは7回目の摘出。
2個目は「07」・赤
 3回ぶり。セット7回目。前回のボーナス数字。
3個目は「41」・黄
 7回ぶり。これまたセット7回目。
4個目は「06」・黄
 11回ぶりとややご無沙汰。セット9回目。
5個目は「31」・青
 9回ぶり。セットでは連発して9回目。
6個目は「39」・緑
 4回ぶり。セット11回目とよく出る。今回は20番台が出なかったか。
ボーナスは「14」・赤
 本数字で28回も待っている。セット8回摘出。

 気象条件は「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。この条件に合致したのは「06」「19」。合わなかった「31」は寒いときによく出る数字だし、同じく合わなかった「39」も乾燥したときによく出る数字だ。

 出目全般では、前回の大阪では全桁が均等に出たバランス出目だったが、今回は20番台が出ずその分30番台が1個増えた。前回からの連発はなく「06」がややご無沙汰。「06」「07」で連続1組。また、この出目に4個一致した過去出目が5回もあった。

 売り上げは前回とほぼ変わらずの13億円台後半。大阪では遂に「43」が出なかったものの、4回続いて出た40番台がキモか?この結果1等は1口のみで2億円ゲット。1等賞金配分で残った2883万82円がミニキャリーした。次回はミニキャリーにプラス2億円台後半の賞金だが、これを獲ってもヨシ、さらにキャリーで6億円チャンスもヨシ!うんうん、ロト7と違ってすぐにチャンスがやって来るね〜。