ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 遂に始まった新しい数字選択式宝くじ「ビンゴ5」。注目の第1回の出目は「01」「10」「13」「19」「23」「28」「35」「37」。初回の売り上げは2億3千万円で、結果1等は2口出たが、1口あたりの賞金857万円は、とりあえず理論当せん金を上回った。今後は人気が出たとして3億円前後の売り上げで推移するだろうか。

 ビンゴ5にもセット球が存在する。A〜Hまでの8セットがあって、第1回はBセットが選ばれた。因みにBセットのカラー順は、桃・橙・黄・黄緑・緑・青・紫・赤。ブロック毎の色で、例えば「01」-「05」は同じ桃色である。これらが8ブロックに仕切られたパレットに挿入され、同時に回って一斉に摘出されるわけだ。

 まぁ1等の賞金がそんなもんじゃな、俺たちは億狙いよ。さて、今回のセット球は本命のEセットが選択された。新球(第2)では46回使用され「21」が14回出てダントツ、「18」「43」が1回も出ていない。前回のEセット出目は「05」「23」「25」「26」「29」「31」ボ「19」で、1等は1口出ていた。

1個目は「41」・べ
 9回ぶりの出現。セットでは11回目の摘出。
2個目は「33」・黄
 11回ぶりとややご無沙汰。セット5回目。
3個目は「11」・赤
 13回ぶりのご無沙汰。セットでは12回目。
4個目は「24」・紫
 前回から連発。セット8回目。
5個目は「19」・黄
 2回ぶり。セットではボ・本連発で7回目。
6個目は「17」・紫
 6回ぶり。セット5回目。今回は1桁が出ず、やや変則的になった。
ボーナスは「09」・紺
 本数字3回待ち。セットでは3回しか出ていない。

 気象条件は「中気温」「高湿度」「高気圧」の条件に。もう完全に春だね。この条件に合致したのは「19」のみ。今回出ての合致が「33」。高湿度が苦手な「41」は、今回出てもなお最下位のままだ。

 出目全般では、前回は1桁で3個も出たが、その反動で今回は1個も出ず。その代り前回1個だった10番台が3個出た。「24」が連発した一方で「11」「33」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第384回・第778回にあり、1等は2口・4口と多く出ていた。

 2億5千万円近いキャリーで、売り上げは前回比1億5千万円増の16億円台後半まで伸びた。1桁が出ず若干の変則出目。でも最近はこういう時に1等が出ちゃうんだよな〜。この結果、1等は1口出て賞金5億2207万2300円をゲット。あっさりとキャリーオーバーを消化してしまった。

 ビンゴ5の1等当せん確率は39万分の1だ。ミニロトが17万分の1だから、同じ200円を賭けるならミニロトに軍配が上がる。ラインが揃って「ビンゴ!」なんて喜んだって、結局は「当たるか」「外れるか」だけ。いずれにせよ1等に的中するには万単位の確率なのだ。だったらロト6で「6億円の夢」に賭けた方がいい。