ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 今年もやって来た大阪抽せん。大阪のロト6といえば?そう、なんといっても「43」なのだ。これまで58回行われた中で実に18回も出てるのだ。これを選ばないわけにはいかないだろう。でもなぁ、昨年の夏と冬には出なかったし、大阪だからといって必ず出るわけでもないし...う〜ん、どうしよう?やっぱゲンを担いで選ぶしかないな。

 さて、今回のセット球は予想対抗のGセットが選択された。大阪では5回使用され、前回は昨年5月の第1071回。出目は「01」「10」「25」「27」「31」「40」ボ「03」で、同セットでは「40」が連発中。ただ連発といっても、その前が400回以上も前だから当てにならない。また、これまで大阪Gセットで1等が出なかったことはない。

1個目は「08」・紺
 14回ぶりのご無沙汰。セットでは2回目。
2個目は「43」・紺
 どやっ!ヴェルファイア〜!3回ぶりでセット初。
3個目は「35」・紫
 これも3回ぶり。セット2回目。
4個目は「06」・赤
 13回ぶりのご無沙汰。セット2回目。
5個目は「33」・黄
 8回ぶり。これもセット2回目。
6個目は「10」・緑
 5回ぶり。これまたセット2回目。おお、なんか真ん中が抜けた出目になったな。
ボーナスは「22」・紺
 本数字3回待ち。セットでは1回も出ていない。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのは「06」「10」「43」。今回出て合致が「08」「33」。「43」は今回の条件ではすべてにおいてトップ。特に低湿度ではダントツになった。

 出目全般では、前回の東京では20番台が4個も出ていたが、その反動か大阪では1個も出ず。20番台が出ないのは第1144回以来だ。前回からの連発はなく「06」「08」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第489回にあり、この時は1等が2口出ていた。

 東京でのミニキャリーを受け、売り上げは前回比1億5千万円増の16億円台に乗せた。今回は真ん中がポッカリと空いた変則出目だ。この結果、1等は「該当なし」になり、キャリーは3億934万9226円まで積み上がった。もう2個目に「43」が出た時点で、あとはどうでもいいぐらいに思っていたが、これを当てなきゃ意味ないしなぁ。

 さあ、こうなると次回は「6億円チャンス!」になるのか?ならないのか?だが、これは売り上げと5等の当せん口数によって決まる。もし5等が30万口出るとすれば、19億3673万円の売り上げで1等賞金が6億円に達する。5等20万口なら17億1450万7600円あればいい。完全に6億円チャンスだった第1150回が19億円台後半まで売れたから、もしかしたらイケるかも?