ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 「新春お年玉BIG」と銘打ち、通常キャリーで6億円のtotoBIGが、今だけ10億円になっている。発売は14日(土)19時までだ。BIGの魅力は、1等の当せん確率が約480万分の1と、ロト6の609万分の1より確率が高いのにもかかわらず、当たれば6億や10億になることだ。その代り数字選択式のように自分で数字を選ぶことができない。

 確かにBIGの方が当たりやすい気もするが、BIGは1口300円であることを忘れちゃいけない。BIGとロト6を共に600円買うとなれば話は変わってくる。BIGは2口で半分の240万分の1、ロト6は3口で203万分の1となり、確率では逆転するのだ。実は”億超え”のクジで一番当たりやすいのは、何を隠そう”ロト6”なのだった。

 しかも今回は正真正銘の4億円チャンス!2口で独り占めなら6億円弱?のチャンスでもある。さて、今回のセット球はようやく本命のDセットが選択された。新球(第2)では43回使用され「18」が12回出てトップ、「03」が1回しか出ていない。前回のDセット出目は「04」「08」「23」「29」「34」「35」ボ「15」で、1等は3口も出ていた。

1個目は「04」・紫
 3回ぶりの出現。セットでは連発して7回目。
2個目は「23」・青
 12回ぶり。これもセット連発で7回目。
3個目は「14」・べ
 5回ぶり。セットでは9回目の摘出。
4個目は「33」・赤
 3回ぶり。セット7回目。
5個目は「17」・紺
 12回ぶり。セット6回目。
6個目は「06」・黄
 5回ぶり。セット6回目。う〜ん、連続数字にもならずバランス的になったな。
ボーナスは「26」・赤
 本数字13回待ち。セットでは2回しか出ていない。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「低気圧」の三拍子。この条件に合致した出目はなく、本数字は低気温では全滅だった。それ以外の条件でも2つ合ったのが「14」のみ。新球(第2)で最も出てない「17」は、自己対比でも一番出にくい条件だった。

 出目全般では、前回は20・30番台で2個ずつだったが、今回は1桁・10番台で2個ずつになった。内容も連続数字にならずバランス出目。前回からの連発はなく「17」「23」が12回ぶりのややご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が、第171回・第669回と2回あった。

 キャリーだけでも4億円以上あり、年初から好調の売り上げは19億円に達した。この売り上げにして今回のバランス出目だ。1等は複数出るかと思われたが、結果は1等1口で見事4億円ゲット!残るキャリーは1億8940万1711円也。うむ、微妙なキャリーだ。これだと次回4億円はちょっとムリかも?

 通常キャリーで6億円のBIG。それに対抗?して、ロト6も2月からキャリー時に6億円と肩を並べる。ほぼキャリーが続くBIGと、キャリーしたりしなかったりのロト6。でもロト6は数字が選べるし、1口200円の強みがある。とにかく2回続けてキャリーさえすれば、正真正銘の”6億円チャンス”となるだろう。