ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 なんと!ただでさえクソ忙しい年末に、来年からロト6とロト7に異変が起こるという知らせだ。ロト6は2017年2月9日の第1147回から、キャリーオーバー発生時の1等が「最高6億円」になる。ロト7は「最高10億円」だ。しかも、ロト6の場合は各等級の配分も変更される。

等級
変更後(第1147回以降)
配分%
変更前(第1146回まで)
配分%
1等
2億円
50.855
約1億円
25.428
2等
約1,000万円
15.257
約1,500万円
22.885
3等
30万円
16.477
50万円
27.462
4等
6,800円
17.411
9,500円
24.225
5等
1,000円(原則固定)
1,000円(原則固定)

 変更後の各等級に対する配分は、ざっと計算しただけなので2等の配分がちょっと怪しいが、大まかにこんなもんだろう。つまり、キャリーのない通常回でも1等は2億円になる。ただし、通常回では上限が2億円であり、それを超えた分がキャリーオーバーする。現状の売り上げなら、1等が1口の場合は常にキャリーオーバーするはずだ。

 はぁ、来年はのっけから忙しくなりそうだ。さて、2連続キャリーで確実に4億円チャンスのロト6。今回のセット球は予想穴のIセットが選択された。新球(第2)では44回使用され「25」が14回出てダントツ、「10」が1回しか出ていない。前回のIセット出目は「04」「05」「26」「30」「34」「42」ボ「27」で、1等2口。

1個目は「28」・青
 6回ぶりの出現。セットでは5回目の摘出。
2個目は「32」・赤
 13回ぶりのご無沙汰。セット11回目。
3個目は「41」・紺
 4回ぶり。セット5回目。
4個目は「22」・緑
 これも13回ぶり。セット9回目。
5個目は「20」・紺
 2回ぶり。セットではやっと2回目。
6個目は「29」・緑
 3回ぶり。セット7回目。「28」と連続。おや10番台以下が出なかった。
ボーナスは「14」・青
 前回本数字から連発。セットでは5回摘出。

 気象条件は「低気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのは「20」「22」「32」。特に「32」は中湿度で単独トップに立った。新球(第2)であまり出ない「28」「29」は、自己対比としても合わなかった。

 出目全般では、10番台以下が出ないのは第1122回以来で13回ぶり。今回はあきらかに変則出目だ。前回からの連発はなく「22」「32」が共に13回ぶり。また、この出目に4個一致した過去出目が第439回にあり、この時は1等が1口出ていた。

 2回キャリーした時点で18億円の売り上げはなかなかのもの。これはジャンボの発売終了と確実に4億円チャンスになったことが大きい。この売り上げにしても、この変則出目だ。結果は1等「該当なし」になり、キャリーは4億532万947円まで膨れ上がった。う〜ん、1等1口なら4億ゲットだったのに〜。

 次回は今年最終回のロト6だ。そこに4億円超のビッグキャリーは最終回にふさわしい。もし2口買いで独り占めできたら5億円超!でもな〜、来年から6億なんて言われるとチョッと複雑な思いになる。それに、2等以下にも手厚いのがロト6だったのになぁ。