ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 1等の賞金が1880億円だってよ。はあ?「せんはっぴゃくはちじゅうおくえん」...ふ〜ん、なんかピンと来ないが、やっぱり海外は桁が違うね。米国の宝くじ「パワーボール」で、キャリーにキャリーを重ね、史上最高の約16億ドル(約1880億円)まで膨れ上がった賞金。それで今日、3人の当せん者が出たというニュースだ。

 パワーボールは69個ある数字から5個と26個ある数字から1個を選ぶロトくじだ。今回の結果は「4」「8」「10」「19」「27」「34」。数字6個とすべてが「43」以下だったことから一見してロト6にそっくりだが、1等に当たる確率はなんと驚く3億分の1。ロト6より50倍近く当てにくいのだ。賞金といい、当せん確率といい、なんかアホらしくなってきた。

 さて、ロト6のキャリーは1億1385万5362円。まぁなんと可愛らしい、まるでお小遣いのような...コラァ正気に戻れっ!そ、そうであった。今回のセット球はやっと本命のJセットが選ばれた。新球(第2)では32回使用され「38」が9回出てトップ。前回のJセット出目は「09」「17」「24」「25」「33」「40」ボ「43」で、1等は2口出ていた。

1個目は「17」・赤
 前回から連発。セットでも連発して7回目。
2個目は「02」・黄
 5回ぶり。セットでは9回目とトップタイに。
3個目は「31」・赤
 2回ぶり。これもセット9回目でトップタイ。
4個目は「30」・黄
 4回ぶり。セットでは4回目。「31」と連続。
5個目は「27」・青
 前回から連発。セット5回目。
6個目は「08」・べ
 10回ぶりとややご無沙汰。これもセット5回目。
ボーナスは「13」・青
 本数字7回待ち。セットでは5回出ている。

 気象条件は「低気温」「低湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「02」「31」。今回出て合致するようになったのが「27」。「31」は低気温で、「27」は低湿度で、それぞれトップタイになった。

 出目全般では、1桁と30番台で2個と10番台20番台で1個となり、「30」「31」と連続したもののバランス的。しかも「31」以下のミニロト出目になった。この出目に4個一致した過去出目は、第1回・第221回・第788回の3回あり、どれも1等は2口以上出ていた。

 前回のキャリーを受け、売り上げは16億円台半ば。これまで第6数字が「31」になったのは25回あり、1等は平均3口と多く出ていた。それに「02」とか「08」は人気数字でもある。この結果1等は4口も出て、1口あたりの賞金は6172万6800円。あっけなくキャリーを消化してしまった。

 パワーボールは3口出ても1人あたり626億円。一括払いを希望すると半分近く税金を引かれるが、それでも363億円もある。米国では当せん者が名乗り出るのが一般的で、高額な賞金と素性が知れ渡ったことで、のちに不幸になるケースも少なくない。6千万円だったら人知れずプチ贅沢を楽しめるわけだ。そっちの方が幸せかもよ。