ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ミニロト出目ねぇ。ロト6でもロト7でも、本数字が「31」以下で終わってしまったことを、特に懸念の気持ちを込めて呼ぶ表現だ。そうなるとカレンダーの記念日絡みで数字を決められてしまい、各等級の当せん口数が増える傾向にある。口数が増えるということは、貰える賞金がその分目減りするのだ。当たるのは自分だけ、それに越したことはない。

 特に今回は、1桁・10番台・20番台で2個ずつのバランスの取れた出目だ。このパターンはこれまで13回あって、1等は最大で8口、1等「該当なし」はたったの1回しかなかった。平均すると1等は3.46口も出ている。2等以下だって普段より多いのは言うまでもない。こういう時は潔くスル―、当たってしまって運を使い果たす方が損かも?「だって当たっちゃったんだもん、仕方ねぇじゃん!」という声も聞こえてきそうだが、そこはご愛嬌、次はもう少し難しそうな出目で待とうじゃないか。

 さておさらい。東京へ戻ってきたロト6。立会人は本命セットをよく選ぶことで知られる宮崎氏。「じゃBセットだな」と安堵してたところに、なんと前回大阪で選ばれたIセットが再び選ばれた。確かに東京に限れば16回ぶりで本命だが、大阪抽せんを考慮しないのかね。先に行ってくれって。前回の東京Iセット出目は「06」「12」「16」「24」「25」「37」ボ「17」で、1等は2口出ていた。

1個目は「01」・緑
 あれ、大阪Iセットではいきなり「43」だったのに。9回ぶり。セットではまだ2回目。
2個目は「08」・緑
 7回ぶりの出現。セットでは8回目とよく出る。
3個目は「17」・黄
 大阪セットから連発。東京セットではボ・本連発。
4個目は「11」・赤
 14回ぶりのご無沙汰。セットでも3回と低迷。
5個目は「26」・紫
 15回ぶりと更にご無沙汰。これもセット3回目。
6個目は「22」・緑
 7回ぶり。セット8回目とよく出ている。う〜ん、30番台以上が出ないのは21回ぶりだ。
ボーナスは「31」・黄
 本数字10回待ち。セットでは4回出ていた。

 気象条件は「低気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致したのは「22」のみ。今回の出現で中湿度でダントツのトップに立った。この条件でまったく合わなかったのが「01」「17」。この2個は新球(第2)であまり出てないから仕方がない。

 出目全般では、本数字を足して85は今年2番目に低い合計値。各桁2個ずつ出て連続数字にもならず、程よいバランス出目。「17」が大阪から連発した一方で「11」「26」が10回以上のご無沙汰。また、この出目に4個一致した過去出目は3回あった。

 大阪でキャリーとキャリー消化のマッチポンプ。東京へ帰っても14億円台前半の売り上げはまんま通常回。これで1等は2口出て賞金は5291万7100円。2等も1千万円割れ、3等に至っては30万円割れと、ミニロト出目の影響がモロに出た結果に終わった。