ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 ロト6をやるからには皆1等に当たってほしいと願うもの。ハナから「2等以下でいいや」と思う者などおるまい。ただ、抽せんをリアルタイムで見ながら当せん確認をしている人にとっては、1個外した段階で「せめて2等にでも当たってくれないか」と願うはず。そして本数字が終了した時点で5個一致を確認。「おお、これで数十万円は確定だ!」だが、まだ早い。3等から2等へ昇格するためのボーナス抽せんが待っている。

 もうここで4個以下しか的中しなかった側からすれば「どうでもいい抽せん」なわけだが、5個的中した者にとっては、数十万円が数千万円になるかもしれない瀬戸際だ。その確率は僅か37分の1。当の本人であれば、ボーナス抽せんは、まるで「商店街のガラガラポン」のように映るだろう。

 さて、今回のセット球は本命のHセットが選択された。新球(第2)では32回使用され「24」が9回出現してトップ。反対に「17」「34」は1回も出ていない。前回のHセット出目は「03」「21」「23」「24」「27」「32」ボ「36」で、同セットで「27」が3連発中。1等は1口出ていた。

1個目は「31」・べ
 10回ぶりとややご無沙汰。セット6回目の摘出。
2個目は「42」・紺
 2回ぶりの出現。セットでは7回目とよく出る。
3個目は「14」・紺
 前回から連発。これもセット7回目だ。
4個目は「01」・青
 16回ぶりのご無沙汰。セットでは5回目。
5個目は「32」・黄
 前回から連発。セットでも連発で9回目とタイ。
6個目は「39」・黄
 3回ぶり。セットでは5回目。今回は20番台が出ず、変則的な出目になった。
ボーナスは「34」・紫
  本数字7回待ち。セットでは本・ボで初摘出。

 午前中は冷たい雨のせいで北海道より寒かったが、最終的に、気象条件は「中気温」「高湿度」「中気圧」の条件に。この条件に合致したのは「14」「39」。今回出て合致するようになったのが「32」だ。

 出目全般では、1桁・10番台・40番台で1個に30番台3個の出目。これに似たパターンは3回前に出ており、1等は「該当なし」になっていた。「14」「32」が連発した一方で「01」が16回ぶりのご無沙汰出現。「31」「32」で連続1組。また、この出目に4個一致した過去出目は第168回・第358回にあり、1等は1口・5口と出ていた。

 前回4億円が出て余りのキャリーはたったの1872万円。そのおかげで売り上げは前回比2億6千万円減の15億円台半ばまで落ちた。この変則出目の結果、1等「該当なし」になり、キャリーは1億6011万3420円まで回復した。注目すべきは2等が1口どまりで賞金が1億円を超えたこと。2等が1口だけなのはこれで6回目となる。

 1口だけか〜。もし2等も「該当なし」だったら2億9千万円のキャリーオーバーで、次回は一気に4億円チャンスだったのにな〜。今回は3等も100万円を超えたから、ボーナス「34」も含め、この出目の予想がいかに難しかったか、ということだろう。