ロト6

抽選結果

ロト6

レビュー

 宝くじの賞金が1億円の大台に乗ったのは、平成元年の年末ジャンボからだった。あれから27年、今や賞金が億になるなんて当たり前。今回のオータムが前後賞合わせて5億と聞いても、ちっとも高いとは思わなくなってきた。それどころか、この後に控えている年末ジャンボが史上初の10億円というから「これじゃメインディッシュの前菜じゃん」と思われても仕方がない。

 されど5億円だ。フツーのサラリーマンなら生涯お目にかかれない金額なのだ。う〜ん、でも何か物足りないような。1枚300円で1枚限りなら当たっても3億円。しかも確率は1000万分の1だった。じゃロト6ならどうだ。2億円台後半のキャリーオーバーさえあれば、確率609万分の1で4億円のチャンス。おまけに1口200円と100円もお得。これなら年末ジャンボの前菜にあらず、ラーメン炒飯定食だ。

 さて、今回のセット球は本命のDセットが選択された。新球(第2)では31回使用され「41」が10回出てダントツ。前回のDセット出目は「09」「12」「15」「16」「18」「35」ボ「02」で、1等は1口出ていた。

1個目は「02」・青
 待ってたぜっ!実に40回ぶりの超ご無沙汰出現。セットではボ・本で連発。セット4回目。
2個目は「40」・赤
 5回ぶりの出現。セットでは4回目の摘出。
3個目は「19」・赤
 2回ぶり。セット6回目。
4個目は「03」・紺
 前回から連発。なんとセット初摘出だった。
5個目は「09」・青
 2回ぶり。セットでは連発して5回目。
6個目は「42」・べ
 18回ぶりのご無沙汰。セット5回目。おお、20・30番台が1個も出なかった。
ボーナスは「06」・黄
 本数字4回待ち。セットでは1回しか出ていない。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件で合致したのは「40」のみで、中気温ではダントツに出る数字だった。今回出て合致するようになったのが「02」「19」。また「42」は高気圧でトップタイになった。

 出目全般では、1桁3・10番台1・40番台2個で明らかに変則的な出目。20番台と30番台が両方が出なかったのは第903回以来で111回も前だ。「03」が連発した一方で、「42」の18回ぶりも霞む「02」の40回ぶり超ご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目は第555回と第969回にあり、ともに1等は出ていた。

 前回のキャリーを受け、売り上げは16億円台後半まで伸びた。おそらく多くの人が「02」を待ってたはずだが、20・30番台が出なかった変則出目で、結果は1等「該当なし」。キャリーは2億6832万2168円まで積み上がり、次回は正真正銘の4億円チャンスとなった。

 次回のロト6は4億円チャンスになり、その翌日のロト7は8億円チャンスだ。う〜ん、どっちもいいが、半分ずつ買うと確率も半分になっちゃうしな。ロト6の4億円チャンスは滅多に来ないから、とりあえずロト6に全力投球だ。もし当たれば激安B級グルメではなく、本物のグルメを食べてみたい、ぜひ。