NumberMemory 数字の評価

 

 評価について

 数字を評価するということは、次の抽せんで出る可能性のある数字を決めるという行為です。

 数字を評価する上で大切なことは、特定の数字に先入観を持たず、データに基づいた客観的な評価を行うことにあります。

 

 評価するデータの選択

 評価を行う前に、評価するデータの選択を行う必要があります。 物理的、あるいは統計的なデータをどのように選択するのかは、評価者自身で決定しなければなりません。
 データが信頼できるものであるのか、データ同士を掛け合わせたときに矛盾点はないのか、など、評価者自身の判断に委ねられます。
 データの選択を行う上でのセオリーというものはありません。その時々によって選択すべきデータは変わってくるものです。 特定のデータを評価したからといって、常に評価した数字が出るとは限りません。

 

 評価の掛け合わせ

 一つのデータを評価しただけでは、それほど当せん確率は上がりません。さらに当せん確率を上げるためには、厳選した複数のデータの評価を掛け合わせる必要があります。
 評価を掛け合わせる場合の注意点は、評価するデータ同士に論理的な矛盾がないことです。