NumberMemory 概要

 

 NumberMemoryとは?

 NumberMemory(ナンバーメモリー)とは、ロト6データまたはトップページ上段のコンテンツに組み込まれた電卓式の数字評価パネルと、ロト6データ中央に位置するグラフ(記憶域)の総称を指します。
 信頼できるデータを選択して、数字評価パネルからプラスの評価またはマイナスの評価を与えます。
 評価された数字は評価の高い順で並べ替えられます。のちに「Xto6」や「My 6」で評価された数字を活用します。

 「Xto6」についてはXto6とはを参照してください。

 「My 6」についてはMy 6とはを参照してください。

 

 数字評価パネル

 電卓式の数字評価パネルには以下の3種類の形態があります。

 

  • (1)「01」~「43」の個別数字の選択評価と、全ての数字を一括評価ができるもの。
    (2)「01」~「43」の個別数字の選択評価のみが行えるもの。
    (3)表示されている数字1個のみ選択評価が行えるもの。
  •  

     ※一括評価はグラフに表示される出目頻度を正または逆の状態で5段階評価によって一括に送信する機能です。

     一括評価の詳細は、数字の評価の一括評価を参照してください。

     

     評価表示グラフ

     ロト6データ表示エリア中央には、評価を表示するグラフが配置されています。 評価を実行すると即座にロト6データ本体に評価が記憶され、横一列に並べた「01」~「43」の数字上に、上下に柱状グラフとして示されます。

     プラスで評価するとグラフは中央(水平位置)より上方に伸び、マイナスで評価するとグラフは中央より下方に伸びます。 また、評価によって橙色→黄色→白色→水色→青色の順で相対的に色が変化します。

     

     評価順数字グラフ

     評価を実行すると、評価表示グラフの下に評価順で数字を並び替えをするグラフが表示されます。 尚、数字を評価した結果、評価点が同一の数字がある場合は、若い数字が先に配置されます。
     評価表示グラフと同様にして、評価によって橙色→黄色→白色→水色→青色の順で相対的に色が変化します。

     評価順数字グラフの数字の内、評価の高い順で先頭から6個目(12個目)の数字までは重要な意味を持ちます。 「Xto6」において、初期表示される6個の数字は、評価順数字グラフの先頭から6個目の数字が選択されるからです。 また、「Xto6」で数字を増やしていく場合、評価順数字グラフの12個目までの数字が追加されていきます。
     「My 6」においても、評価順数字グラフの評価色が数字選択ボタンに反映されます。